読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『グローバライズ』木下古栗

 

グローバライズ

グローバライズ

 

 

                                           Can you speaking Engrish?                                                                                                                                                                                                

今宵は、天気もよくお散歩日知ですので、火事を速めに終え、重たい腰を上げ小民家風カフェへ。くるくるとした今にも壊れそうな木の螺旋階段を昇るとこだわりが見える間接照明、ジャズが流れる落ち着いた店内。先客は、英語?を話すブロンド女性と60は超えてるであろう腰の曲がったおじいさん。瞬時に、『カフェin英会話教室』であることを理解しメニューに目を通す。

ホットミルクとデザート!

色んな小説家とか書評人?が、帯でオススメしてた『グローバライズ』という意識他界系の小説を読んでみる。

わたし、シャレオツ。カフェでゆっくり至福の時。

しかし、ある問題が生じる

多くの人が私の前を通り秘密の扉へ消えていく中、珈琲の匂いがなんだかウンコ臭い。いや、秘密の部屋が近いか…やめてくれ。

我、立派7立派7エ9レア、待。

此処、揚下エクレア、美味。

食前サービスとして出てきた乾燥エクレアのつまみも絶品。

今度は、『野菜たっぷりぷりぷりカレー』を食べに来ようと心に決め店をDERR。

何?犬GURRRRRみたいな感じ?パソコンのDELLに掛けたかったんでしょ。それならDELLだから。じゃなくて。L。ル。エル。アール。あーわかんないかな。日本人ってRとLの発音できないってほんとだったんだ。

「ふーんいーきで使っちゃだめ」って、あんたわかってんの。雰囲気は、ふんいきだって?屁理屈言うんじゃないの。こっちがへりくだってれば調子に乗りやがって。わかりにくい?てめーが理解できないことを棚に上げてあたしのせいにするわけ?あんたのオツムがたりないんでしょ?

       り

                       なめてんの?

       り

       り。

                       ちょw

       りり

                       おい

       りりりりり。

       re

       le

       りー

                       unco

       りーか。

                        sine

       理科。

       梨花

       リカちゃん

                  20:38                                  

                likaが退会しました。

 

 

後始松

 以前働いていた会社に風俗大好きのS先輩がいた。このS先輩は、四六時中、下ネタで頭がいっぱい。ボトル型詰め替え用洗剤の上にタオルを置いているだけで「卑猥だ」とわたしに報告してきた。さすがに、それには私も、ひいた。しかしながら、「お前ならわかってくれると思って…」と褒められてんだか貶されてんだかわからないまま三文字の下ネタをを覚えたばかりの小2的な笑顔に納得してしまった。ここでもし、「やめてください!セクハラです」とか、苦笑の後にSNSで「えすきもー」などと行動にうってでれば、終わる。お話が終わる。木下古栗の新作も、運行で始まり鎮魂で終わる。

  1. 「なんかよくわかんないけど、下ネタばっかで気持ち悪い本だったな」である。血がたくさん出たからー、ハイレゾ!、4K!この仕掛にハマれば、思考は停止し、エログロナンセンスの世界で終了する。ノンセンスであり、ナンセンスである。

  2. 「考えるな、感じろ」である。なんとなくだが、「文学的試み」とでも言うのか何かをやっているのがわかるふりをする。純文学だか書店員だか無類の読書好きの普段よく本をお読みになる方は、何か意味があるのではないかと捜索を開始する。これまた、無駄のない文章でトントン拍子によくわからないままページが進み、なんとなくの人物整理ができたところで唐突に終了する。寸止めプレイは嫌いじゃないですけど、スッキリさせてくださいお願いします。説明してくださいよ。これが説明責任ですか。うるせえ。LINEばっかしてねぇでたまには静かに本でも読めよ。馬鹿野郎。会話がうるさかったんですかね。落ち着いてほしいです。話し言葉も書き言葉も私はどちらも好きですよ。しかし、すぐに文字や声が届くようになったからと言って、本当に距離は近づいたのでしょうかね。先日、娘から「り」だけのLINEが送られてきました。了解したの略だそうです。私も「り」理解の意味で送り返しました。先生、心配です。

  3. 「GLOBAISE」でしょうか。グローバライズと言えば、EURO2016のサッカーベルギー代表!いやぁ、国ぐるみでの代表強化育成計画が当たりまして、素晴らしいタレントがわんさか出てきております。通常は「GLOBALISE」であり、rにしてしまうとよく意味がわかりません。rize?のぼる?立ち上がる?arise?生じる?なんでしょうね。LとRの区別がつかない日本人とよく言われますが私は先生なのでわかっているつもりです。しかし、たまに同僚のジェロームが、「engrishengrish!」とバカにしてきます。もう、ぷんぷんです。

 そうそう、話は変わりますが、もうすぐインディペンデンス・デイの続編が公開されますね。この何年かの間に、未知との遭遇はできてませんね。でも、いつか遭遇した時は、私たちが立ち上がらなくてはいけなくなるのかもしれません。大きな敵を一つ作れば、我々人類は協力し立ち向かうのかもしれませんね。

We are the world

訳 下ネタが世界の共通言語であると私は信じています

 

 

 

 

生成不純文学

生成不純文学